top of page
DSC_8636.jpg

2022-01-07:ゲノム編集の社会実装を牽引する、研究員/エンジニアを募集!

(2022.2.28 募集を終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。)

---


プラチナバイオでは、プレシリーズAラウンドの資金調達、国プロジェクトや事業パートナーとの共同研究の拡大にともない、ゲノム編集の社会実装を牽引する、研究員/エンジニアを募集します!


私たちと一緒に、人類が直面する社会課題の解決にチャレンジしましょう!


■実施中のプロジェクト:

- JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」、NEDO「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」ほか

- 共同研究先:Food & Life Companies(スシロー運営会社)、ヤンマー、凸版印刷ほか(非公開案件も多数)


詳細については、以下URLからご確認ください。


<参考リンク>


最新記事

すべて表示

2022-05-10:日本経済新聞にCTO・山本卓のインタビュー記事が掲載

日本経済新聞に、CTO・山本卓(広島大学・教授)のインタビュー記事が掲載されました。 プラチナバイオを通して「消費者のため、安価に使える技術を提供したい」という意気込み、産業で利用しやすいゲノム編集ツールを提供する意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○テクノロジストの時代「ゲノム編集、安価普及へ道」(2022/05/10 日本経済新聞)

2022-04-24:「NewsPicks」にCTO・山本卓のインタビュー記事が掲載

ソーシャル型オンライン経済メディア「NewsPicks」に、CTO・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。 「ゲノム編集で未来を創れ」というキャッチコピーが付けられた記事で、社会課題の解決に向けた「バイオ・デジタルトランスフォーメーション(バイオDX)」の取組み、なぜゲノム編集にDXが必要なのか等、その意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 ---<須田 桃子さん(N

bottom of page