2022-01-07:ゲノム編集の社会実装を牽引する、研究員/エンジニアを募集!

更新日:3月2日

(2022.2.28 募集を終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。)

---


プラチナバイオでは、プレシリーズAラウンドの資金調達、国プロジェクトや事業パートナーとの共同研究の拡大にともない、ゲノム編集の社会実装を牽引する、研究員/エンジニアを募集します!


私たちと一緒に、人類が直面する社会課題の解決にチャレンジしましょう!


■実施中のプロジェクト:

- JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」、NEDO「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」ほか

- 共同研究先:Food & Life Companies(スシロー運営会社)、ヤンマー、凸版印刷ほか(非公開案件も多数)


詳細については、以下URLからご確認ください。


<参考リンク>

○「いきもの屋さん大募集!」 ゲノム編集で、好きな生き物を仕事にする時代が来た!!!


○2021-12-15:プレシリーズAラウンドの資金調達を実施

○2021-03-05:「Genome Editing Cloud™」β版を開発

○2020-12-18:JST 共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)に採択

閲覧数:1,422回

最新記事

すべて表示

日本経済新聞に、CTO・山本卓(広島大学・教授)のインタビュー記事が掲載されました。 プラチナバイオを通して「消費者のため、安価に使える技術を提供したい」という意気込み、産業で利用しやすいゲノム編集ツールを提供する意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○テクノロジストの時代「ゲノム編集、安価普及へ道」(2022/05/10 日本経済新聞)

ソーシャル型オンライン経済メディア「NewsPicks」に、CTO・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。 「ゲノム編集で未来を創れ」というキャッチコピーが付けられた記事で、社会課題の解決に向けた「バイオ・デジタルトランスフォーメーション(バイオDX)」の取組み、なぜゲノム編集にDXが必要なのか等、その意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 ---<須田 桃子さん(N

広島大学広報誌 HU-plus vol.17 (2022年1月号)「AERAが書く、研究者の素顔」にCTO・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。 記事では、ライフサイエンスに革命をもたらすゲノム編集の国産技術の開発にかける想いや、産学連携による社会実装を通じて実現したい未来について語っています。 ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○HU-plus vol.17「AERAが