2021-12-15:事業会社・CVCから資金調達を実施

プラチナバイオ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO :奥原 啓輔、以下「PtB」)は、「スシロー」、「京樽」等の外食関連事業を傘下に持つ、株式会社FOOD & LIFE COMPANIES(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長 CEO:水留 浩一、以下「F&LC」)、世界を変えるテクノロジーを持つスタートアップに投資を行いヤンマーグループとの共創を推進する、ヤンマーベンチャーズ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長/ 代表パートナー:尾田 伸之、以下「YV」)の2者を引受先とした第三者割当増資により、総額2.8億円の資金調達を実施しました。


■資金調達の使途

・研究開発体制の強化(研究開発人材/エンジニアの採用)

・事業推進体制の強化(経営人材、バックオフィス人材の採用)


詳細については、以下のURLからご確認ください。


<参考リンク>

○報道発表資料(PDF)

○魚類の品種改良に係る3社共同研究を開始(FOOD & LIFE COMPANIES)

○プラチナバイオ株式会社への出資について(ヤンマーベンチャーズ)

閲覧数:52回

最新記事

すべて表示

科学技術顧問の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科・特任教授)らは、公共データベース(公共DB)上の遺伝子発現解析実験データを統合的に再解析するメタ解析の手法を用いることによって、植物の低酸素ストレス応答に関与する新規候補遺伝子を発見しました。 近年気候変動により大規模洪水が頻発するようになり、長時間冠水状態に置かれた植物は低酸素ストレスにさらされることが知られており、農作物の収量減少の一因

広島県「令和4年度バイオエコノミー産業創出支援事業費補助金」において、プラチナバイオが申請した研究開発事業が採択されました。 <事業概要> 菌叢のメタゲノム解析によるバイオコンポスター(堆肥製造装置)資材の特性評価 本事業により、「バイオDX」の取組みを菌叢のメタゲノム解析にまで拡張し、広島から世界最先端のバイオエコノミー社会の実現に向けた取組みを一層推進していきます。 <参考リンク> ○令和4年