2021-12-15:プレシリーズAラウンドの資金調達を実施

更新日:2021年12月19日

プラチナバイオ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO :奥原 啓輔、以下「PtB」)は、「スシロー」、「京樽」等の外食関連事業を傘下に持つ、株式会社FOOD & LIFE COMPANIES(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長 CEO:水留 浩一、以下「F&LC」)、世界を変えるテクノロジーを持つスタートアップに投資を行いヤンマーグループとの共創を推進する、ヤンマーベンチャーズ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長/ 代表パートナー:尾田 伸之、以下「YV」)の2者を引受先とした第三者割当増資により、プレシリーズAラウンドの資金調達(総額2.8億円)を実施しました。


■資金調達の使途

・研究開発体制の強化(研究開発人材/エンジニアの採用)

・事業推進体制の強化(経営人材、バックオフィス人材の採用)


詳細については、以下のURLからご確認ください。


<参考リンク>

○報道発表資料(PDF)

○魚類の品種改良に係る3社共同研究を開始(FOOD & LIFE COMPANIES)

○プラチナバイオ株式会社への出資について(ヤンマーベンチャーズ)

閲覧数:767回

最新記事

すべて表示

日本経済新聞に、CTO・山本卓(広島大学・教授)のインタビュー記事が掲載されました。 プラチナバイオを通して「消費者のため、安価に使える技術を提供したい」という意気込み、産業で利用しやすいゲノム編集ツールを提供する意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○テクノロジストの時代「ゲノム編集、安価普及へ道」(2022/05/10 日本経済新聞)

ソーシャル型オンライン経済メディア「NewsPicks」に、CTO・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。 「ゲノム編集で未来を創れ」というキャッチコピーが付けられた記事で、社会課題の解決に向けた「バイオ・デジタルトランスフォーメーション(バイオDX)」の取組み、なぜゲノム編集にDXが必要なのか等、その意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 ---<須田 桃子さん(N

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、広島大学が代表機関となる「Bio-Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」が、本格型※に昇格となりました。 (※JST支援額:最大3.2億円/年度×最長10年度) 本拠点のコンセプトである「バイオDX」の推進により、“誰ひとり取り残さず”持続的な発展を可能とする「