2020-12-18:JST 共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)に採択

最終更新: 6月13日

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、広島大学が代表機関となり提案した「広島から世界最先端のバイオエコノミー社会を実現するBio×Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」(プロジェクトリーダー:山本卓 ゲノム編集イノベーションセンター長・教授)が採択されました。


本事業では、SDGsにおける持続的成長と社会課題の解決に向けて、生物が持つ全ての遺伝情報を解読・解析する“生物のデジタル化”とゲノム編集・合成による“生物のプログラミング”を組合せた、「Bio×Digital Transformation(バイオDX)」をキーワードに、データ駆動型ゲノム育種(デジタル育種)やゲノム編集の安全性評価技術の研究開発を進めます。


弊社・代表取締役CEOの奥原啓輔は、副プロジェクトリーダーとして本事業に参画し、SDGsに基づく未来のあるべき社会像(拠点ビジョン)の策定、拠点ビジョン実現のためのバックキャスト型研究開発の組成に取り組みます。


<参考リンク>

○JST 共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)

○COI-NEXT令和2年度新規採択プロジェクトについて

○広島大学プレスリリース

259回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-01-29:JST ムーンショット型研究開発事業 ミレニア・プログラムに採択

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「ムーンショット型研究開発事業 新たな目標検討のためのビジョン策定(ミレニア・プログラム)」において、広島大学を中心とする「DIGITAL BIOSPHERE」未来共創チーム(チームリーダー:西原禎文 広島大学 大学院先進理工系科学研究科 教授)の提案が採択されました。 当チームは、すべての生物情報がデジタル化され、データで表現できる世界「DIGITAL

2020-11-02:安全かつ有用な魚やウニを作出を目指す、A-STEP 産学共同(本格型)事業がスタート

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)産学共同「本格型」において、弊社が保有する「プラチナTALEN」を駆使し、安全かつ有用な魚やウニを作出を目指すプロジェクト「日本市場に受け入れられやすいゲノム編集育種法の開発」(リージョナルフィッシュ株式会社、広島大学、筑波大学、近畿大学の共同提案)が採択されました。 本事業により、水産生物を対象としたゲノム編

2020-06-22:安全性と有効性に優れたがん抗原特異的T細胞医薬品の創薬を目指す、AMED-CiCLE事業がスタート

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)」として、弊社が保有する「プラチナTALEN」を用いて安全性と有効性に優れたがん抗原特異的T細胞医薬品の創薬を目指す、「NY-ESO-1特異的高機能ゲノム編集T細胞の製造基盤技術の確立」(代表機関: Repertoire Genesis株式会社)が採択されました。 本事業により、わが国初めてのゲノム細胞創