top of page

2022-12-12:「広島大学共創研究所制度 5周年記念シンポジウム」に登壇

更新日:2022年12月13日

広島大学の共創研究所制度が5周年をむかえることを記念して、「社会実装とアカデミックな成果を両立する産学連携の実現」と題したシンポジウムが開催されます。


本シンポジウムに、CEOの奥原啓輔が登壇し、プラチナバイオが広島大学に設置した「バイオDX共創研究所」の取組みを紹介します。みなさま奮ってご参加ください。


【日時】2022年12月21日(木) 9時30分~12時40分(9時開場)

【会場】広島コンベンションホール(2Fメインホール)

    広島県広島市東区二葉の里3丁目5番4号 広テレビル

【参加費】無料(要申込)


参加申込みは、こちらから。


<参考リンク>

○広島大学ニュース

○詳細スケジュール

閲覧数:50回

最新記事

すべて表示

日本経済新聞に、CTO・山本卓(広島大学・教授)のインタビュー記事が掲載されました。 プラチナバイオを通して「消費者のため、安価に使える技術を提供したい」という意気込み、産業で利用しやすいゲノム編集ツールを提供する意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○テクノロジストの時代「ゲノム編集、安価普及へ道」(2022/05/10 日本経済新聞)

ソーシャル型オンライン経済メディア「NewsPicks」に、CTO・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。 「ゲノム編集で未来を創れ」というキャッチコピーが付けられた記事で、社会課題の解決に向けた「バイオ・デジタルトランスフォーメーション(バイオDX)」の取組み、なぜゲノム編集にDXが必要なのか等、その意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 ---<須田 桃子さん(N

bottom of page