2021-03-01:日本経済新聞電子版で、弊社の取組みが紹介

更新日:9月14日

日本経済新聞電子版で、弊社の取組みが紹介されました。


記事では、広島大学の堀内浩幸教授が食物アレルギー問題の解決を目指して取り組んでいる、低アレルゲン卵の研究とともに、そこで使われている弊社のゲノム編集技術「プラチナTALEN」について紹介されています。ぜひ御覧ください。


<参考リンク>

○日本経済新聞電子版「低アレルゲン卵に白いコオロギ ゲノム編集地方に宿る」

○広島大学「【新聞掲載】食品生命科学プログラムの堀内教授と数理生命科学プログラムの山本教授の研究について日経産業新聞に掲載されました」

178回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-11-22:実験医学「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊

科学技術顧問の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科 特任教授)が企画した、実験医学2021年12月号「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊されました。 広島大学が中心となって推進する、「広島から世界最先端のバイオエコノミー社会を実現するBio×Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」※の取組について、CEOの奥原啓輔とCTOの山本卓

2021-11-12:FOOD & LIFE COMPANIES、プラチナバイオ、リージョナルフィッシュ 魚類の品種改良に係る3社共同研究を開始

「スシロー」、「京樽」等の外食関連事業を傘下に持つ株式会社FOOD & LIFE COMPANIES(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長 CEO:水留 浩一、以下「F&LC」)、ゲノム編集技術のプラットフォーマーであるプラチナバイオ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:奥原 啓輔、以下「PtB」)、ゲノム編集技術を活用した水産物の品種改良を進めるリージョナルフィッシュ株式会社(本社:京

2021-09-13:「Town & Gown Office」パンフレットで弊社CEOのインタビュー記事が公開

広島大学と東広島市が一体となって推進する「Town & Gown Office」のパンフレットに、弊社CEOのインタビュー記事が掲載されました。 記事では、「新しい価値想像に挑戦し続ける大学発ベンチャーの成功例を示す」と題して、社会課題の解決にかける創業者の想いと、起業家に最適なまちづくりへの期待が取り上げられています。 ぜひ御覧ください。 ※ Town & Gown Officeは、欧米の大学立