2019-10-02:Nature Biotechnology「ゲノム編集の最多論文発表者15人」で、CTO・山本卓が世界2位にランクインしました。

最終更新: 9月4日

Nature Biotechnologyが公開した「遺伝子編集における共同研究ネットワーク」と題した記事の中で、ゲノム編集に関する論文を最も多く発表した世界の研究者15人をランキング形式で挙げ、弊社CTO・山本卓が世界2位にランクインしました。

また、科学技術顧問・佐久間哲史も世界5位にランクインしており、トップ15の中に入った日本人は、この二人だけでした。


第1位のFeng Zhang氏、第3位のJennifer Doudna氏はガードナー国際賞やトムソン・ロイター引用栄誉賞などを受賞し、ノーベル賞候補とされています。


弊社では、世界トップクラスの研究者に伍して高い評価を受ける、山本卓の研究成果をもとに、産業利用に最適な国産ゲノム編集ツールを提供します。


<参考リンク>

○Nature Biotechnology誌「ゲノム編集の最多論文発表者15人」:山本卓教授が2位、佐久間哲史講師が5位の評価を受けました

○Nature Biotechnology「Collaborative networks in gene editing」

(doi: 10.1038/s41587-019-0275-z.)

○PubMed

29回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020-09-02:凸版印刷「ソーシャルイノベーションニュース」vol.08の特集『ゲノム編集とデジタル技術が拓く未来』で、弊社の取組みが紹介されました。

凸版印刷「ソーシャルイノベーションニュース(SIN)」vol.08の特集『ゲノム編集とデジタル技術が拓く未来』で、弊社の取組みが紹介されました。 本特集では、弊社CTOの山本卓が「ゲノム編集技術のイノベーション」、CEOの奥原啓輔が「ゲノム編集技術の産業化」、科学技術顧問の坊農秀雅が「バイオ×デジタル」をテーマにして、これまでの取組み、そして、これから見据える未来について語っています。 ぜひ御覧く

2020-08-20:CTO・山本卓の著書『ゲノム編集とはなにか』(講談社ブルーバックス)が出版されました。

CTO・山本卓の著書『ゲノム編集とはなにか』(講談社ブルーバックス)が出版されました。本書では、ゲノム編集とはどんな技術なのか、既存の遺伝子組換え技術とはどんな違いがあるのかを、わかりやすく解説しています。本書を読めば、2012年に開発されたCRISPR-Cas9が、なぜノーベル賞を取る技術と考えられているのが理解できるでしょう。 ぜひ手にとって御覧ください。 <参考リンク> ○ゲノム編集とはなに

2020-06-22:「プラチナTALEN」を用いて安全性と有効性に優れたがん抗原特異的T細胞医薬品の創薬を目指す、AMED-CiCLE事業がスタートしました。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)」として、弊社が保有する「プラチナTALEN」を用いて安全性と有効性に優れたがん抗原特異的T細胞医薬品の創薬を目指す、「NY-ESO-1特異的高機能ゲノム編集T細胞の製造基盤技術の確立」(代表機関: Repertoire Genesis株式会社)が採択されました。 本事業により、わが国初めてのゲノム細胞創

Contact

プラチナバイオ株式会社

​〒739-0043

広島県東広島市西条西本町28番6号

© 2020 by PtBio Inc.