2019-10-02:Nature Biotechnology「ゲノム編集の最多論文発表者15人」で、CTO・山本卓が世界2位にランクインしました。

更新日:5月17日

Nature Biotechnologyが公開した「遺伝子編集における共同研究ネットワーク」と題した記事の中で、ゲノム編集に関する論文を最も多く発表した世界の研究者15人をランキング形式で挙げ、弊社CTO・山本卓が世界2位にランクインしました。

また、科学技術顧問・佐久間哲史も世界5位にランクインしており、トップ15の中に入った日本人は、この二人だけでした。


第1位のFeng Zhang氏、第3位のJennifer Doudna氏はガードナー国際賞やトムソン・ロイター引用栄誉賞などを受賞し、ノーベル賞候補とされています。


弊社では、世界トップクラスの研究者に伍して高い評価を受ける、山本卓の研究成果をもとに、産業利用に最適な国産ゲノム編集ツールを提供します。


<参考リンク>

○Nature Biotechnology誌「ゲノム編集の最多論文発表者15人」:山本卓教授が2位、佐久間哲史講師が5位の評価を受けました

○Nature Biotechnology「Collaborative networks in gene editing」

(doi: 10.1038/s41587-019-0275-z.)

○PubMed

124回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-11-22:実験医学「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊

科学技術顧問の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科 特任教授)が企画した、実験医学2021年12月号「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊されました。 広島大学が中心となって推進する、「広島から世界最先端のバイオエコノミー社会を実現するBio×Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」※の取組について、CEOの奥原啓輔とCTOの山本卓

2021-11-12:FOOD & LIFE COMPANIES、プラチナバイオ、リージョナルフィッシュ 魚類の品種改良に係る3社共同研究を開始

「スシロー」、「京樽」等の外食関連事業を傘下に持つ株式会社FOOD & LIFE COMPANIES(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長 CEO:水留 浩一、以下「F&LC」)、ゲノム編集技術のプラットフォーマーであるプラチナバイオ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:奥原 啓輔、以下「PtB」)、ゲノム編集技術を活用した水産物の品種改良を進めるリージョナルフィッシュ株式会社(本社:京

2021-09-13:「Town & Gown Office」パンフレットで弊社CEOのインタビュー記事が公開

広島大学と東広島市が一体となって推進する「Town & Gown Office」のパンフレットに、弊社CEOのインタビュー記事が掲載されました。 記事では、「新しい価値想像に挑戦し続ける大学発ベンチャーの成功例を示す」と題して、社会課題の解決にかける創業者の想いと、起業家に最適なまちづくりへの期待が取り上げられています。 ぜひ御覧ください。 ※ Town & Gown Officeは、欧米の大学立