2020-07-07:NEDO-SSA「地方における大学を中心としたスタートアップエコシステムの考察」で紹介されました。

最終更新: 3月1日

NEDO高度専門支援人材育成プログラム(SSA)の三期生自主企画として実施された、広島大学を中心とした広島県のスタートアップエコシステムについてのフィールドワークを通してとりまとめられた、広島県のスタートアップエコシステムをさらに発展させるための提言「地方における大学を中心としたスタートアッ プエコシステムの考察」において、弊社の取組みをご紹介頂きました。

本提言を踏まえ、自治体や金融機関と連携し、広島県内に新たな産業・事業者が創出される好循環「スタートアッ プエコシステム」の構築を推進します。


<参考リンク>

○SSA三期生自主企画・地方における大学を中心としたスタートアッ プエコシステムの考察

○NEDO SSAプログラム卒業生有志の活動報告サイト「ex-SSA」

○NEDO高度専門支援人材育成プログラム(SSA)

44回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-04-01:Platinum TALENによるモデル動物・細胞作製サービスを提供開始

プラチナバイオ株式会社は、2021年4月1日から、知財ライセンスがクリアな国産ゲノム編集技術「Platinum TALEN」を使用して、モデル動物・細胞作製のサービスを開始し、創薬支援事業を推進します。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報道発表資料(PDF) ○プレスリリース(PR TIMES)

2021-03-29:第三者割当増資によりシードラウンドの資金調達を実施しました。

プラチナバイオ株式会社は、広島大学認定ファンド「広島大学・広島県内大学発ベンチャー支援投資事業有限責任組合」を引受先とした第三者割当増資を実施し、シードラウンドの資金調達を完了しました。今回調達した資金により、国産ゲノム編集技術の事業化を推進し、新たなバイオビジネスを展開します。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報道発表資料(PDF) ○広島大学ニュース

2021-03-05:ゲノム編集支援オープンプラットフォーム「Genome Editing Cloud™」β版を開発しました。

プラチナバイオ株式会社、国立大学法人広島大学、凸版印刷株式会社は、AIを活用し、ゲノム編集のデータ処理を簡易化するゲノム編集支援オープンプラットフォーム「Genome Editing Cloud™」β版を開発しました。この成果は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の結果得られたものです。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報