2020-03-17:知的財産戦略本部 構想委員会 地域価値ワーキンググループ(第3回)で紹介されました。

最終更新: 3月1日

地域知財エコシステムにおけるベストプラクティスをとりまとめ、また、地域知財エコシステムの活性化に向けた政府の取組を提言することを目的として開催された、知的財産戦略本部・構想委員会 地域価値ワーキンググループの第3回資料「地域発・産学連携オープンイノベーション推進活動~中部地方・広島大学の取組の成果・課題と展望~」において、弊社の取組みをご紹介頂きました。


<参考リンク>

○知的財産戦略本部 構想委員会 地域価値ワーキンググループ(第3回) 議事次第

○地域発・産学連携オープンイノベーション推進活動~中部地方・広島大学の取組の成果・課題と展望~

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-04-01:Platinum TALENによるモデル動物・細胞作製サービスを提供開始

プラチナバイオ株式会社は、2021年4月1日から、知財ライセンスがクリアな国産ゲノム編集技術「Platinum TALEN」を使用して、モデル動物・細胞作製のサービスを開始し、創薬支援事業を推進します。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報道発表資料(PDF) ○プレスリリース(PR TIMES)

2021-03-29:第三者割当増資によりシードラウンドの資金調達を実施しました。

プラチナバイオ株式会社は、広島大学認定ファンド「広島大学・広島県内大学発ベンチャー支援投資事業有限責任組合」を引受先とした第三者割当増資を実施し、シードラウンドの資金調達を完了しました。今回調達した資金により、国産ゲノム編集技術の事業化を推進し、新たなバイオビジネスを展開します。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報道発表資料(PDF) ○広島大学ニュース

2021-03-05:ゲノム編集支援オープンプラットフォーム「Genome Editing Cloud™」β版を開発しました。

プラチナバイオ株式会社、国立大学法人広島大学、凸版印刷株式会社は、AIを活用し、ゲノム編集のデータ処理を簡易化するゲノム編集支援オープンプラットフォーム「Genome Editing Cloud™」β版を開発しました。この成果は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の結果得られたものです。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報