top of page

2022-12-26:内閣府・地域バイオコミュニティに選定!

更新日:3 時間前

内閣府・地域バイオコミュニティに、一般社団法人バイオDX推進機構(代表理事:山本卓)が提案した「ひろしまバイオDXコミュニティ」が選定されました!

本コミュニティには、プラチナバイオも参画し、CEOの奥原啓輔が統括コーディネーターを務めます。


内閣府では、「バイオ戦略」に基づき、バイオ関連市場の拡大に向けて、国内外から人材・投資を呼び込み、各市場領域における製品・サービスの提供体制を強化し、世界市場に進出するための方策として、「バイオコミュニティの形成」を進めています。


今後、広島県・東広島市・広島大学とともに、ゲノム編集とバイオインフォマティクスを統合した「バイオDX」技術を柱とし、産学共創拠点を形成するとともに、社会課題の解決やSDGsへの貢献を目指すイノベーション創出を加速させます。






<参考リンク>

○内閣府プレスリリース

○内閣府「バイオ戦略」


閲覧数:97回

最新記事

すべて表示

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)において、本格型の拠点を対象に募集された「スタートアップ創出/成長の促進支援」に、広島大学が代表機関となる「Bio-Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」が採択されました! これにより、バイオDX産学共創拠点の技術シーズ等を基にした、大学発スタートアップ創出/成長に向けた体制

bottom of page