2022-11-09:総説「Genome editing and bioinformatics」が出版

主任研究員の中前和恭(広島大学 プラチナバイオ共同研究講座 バイオDX研究室・共同研究講座助教)と、科学技術顧問の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科・特任教授)が共著した、総説「Genome editing and bioinformatics」が、学術誌「Gene and Genome Editing」から出版されました。



本総説では、ゲノム編集研究を進める上で、必要不可欠なバイオインフォマティクス技術について概説し、既存の公共データベースをフル活用する「Bio-Digital Transformation (BioDX) 」のアプローチを紹介しています。


また、ゲノム情報がほとんどない生物種(非モデル生物)におけるゲノム編集の試みについても考察し、今後のゲノム編集研究の発展のために、ゲノム編集リソースのデータベースを整備することが極めて重要であることを示しています。


ぜひご一読ください!



<参考URL>

○Genome editing and bioinformatics(Gene and Genome Editing Volumes 3–4, December 2022, 100018)

閲覧数:30回