2020-06-22:「プラチナTALEN」を用いて安全性と有効性に優れたがん抗原特異的T細胞医薬品の創薬を目指す、AMED-CiCLE事業がスタートしました。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)」として、弊社が保有する「プラチナTALEN」を用いて安全性と有効性に優れたがん抗原特異的T細胞医薬品の創薬を目指す、「NY-ESO-1特異的高機能ゲノム編集T細胞の製造基盤技術の確立」(代表機関: Repertoire Genesis株式会社)が採択されました。

本事業により、わが国初めてのゲノム細胞創薬技術の開発を加速させます。


<参考リンク>

○【研究成果】広島大学発のゲノム編集技術を用いたがんの免疫細胞療法の実用化を目指します~わが国初めてのゲノム細胞創薬技術の開発をAMED事業としてスタート~

○平成31年(令和元年)度 「医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE):第4回公募」の採択課題について

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020-09-02:凸版印刷「ソーシャルイノベーションニュース」vol.08の特集『ゲノム編集とデジタル技術が拓く未来』で、弊社の取組みが紹介されました。

凸版印刷「ソーシャルイノベーションニュース(SIN)」vol.08の特集『ゲノム編集とデジタル技術が拓く未来』で、弊社の取組みが紹介されました。 本特集では、弊社CTOの山本卓が「ゲノム編集技術のイノベーション」、CEOの奥原啓輔が「ゲノム編集技術の産業化」、科学技術顧問の坊農秀雅が「バイオ×デジタル」をテーマにして、これまでの取組み、そして、これから見据える未来について語っています。 ぜひ御覧く

2020-08-20:CTO・山本卓の著書『ゲノム編集とはなにか』(講談社ブルーバックス)が出版されました。

CTO・山本卓の著書『ゲノム編集とはなにか』(講談社ブルーバックス)が出版されました。本書では、ゲノム編集とはどんな技術なのか、既存の遺伝子組換え技術とはどんな違いがあるのかを、わかりやすく解説しています。本書を読めば、2012年に開発されたCRISPR-Cas9が、なぜノーベル賞を取る技術と考えられているのが理解できるでしょう。 ぜひ手にとって御覧ください。 <参考リンク> ○ゲノム編集とはなに

2020-04-16:東広島市「令和2年度東広島市ものづくり新事業展開支援補助金」に採択されました。

東広島市「令和2年度東広島市ものづくり新事業展開支援補助金」(パッケージ型支援タイプ)に、弊社の提案が採択されました。 本事業により、ゲノム編集技術に関する国際的なライセンス交渉と知財戦略策定を推進します。 <参考リンク> ○令和2年度東広島市ものづくり新事業展開支援補助金

Contact

プラチナバイオ株式会社

​〒739-0043

広島県東広島市西条西本町28番6号

© 2020 by PtBio Inc.