2022-06-17:広島県「令和4年度バイオエコノミー産業創出支援事業費補助金」に採択!

広島県「令和4年度バイオエコノミー産業創出支援事業費補助金」において、プラチナバイオが申請した研究開発事業が採択されました。


<事業概要>

菌叢のメタゲノム解析によるバイオコンポスター(堆肥製造装置)資材の特性評価


本事業により、「バイオDX」の取組みを菌叢のメタゲノム解析にまで拡張し、広島から世界最先端のバイオエコノミー社会の実現に向けた取組みを一層推進していきます。


<参考リンク>

○令和4年度バイオエコノミー産業創出支援事業費補助金に係る採択結果のお知らせ


閲覧数:58回

最新記事

すべて表示

広島大学公開講座2022(前期)において、「ゲノム編集イノベーション~最先端のバイオテクノロジー~」と題して、弊社メンバーが講演します(全3回)。 第1回 6/29(水)18:00~19:30 「ゲノム編集とはなにか」 講師:山本 卓(ゲノム編集イノベーションセンター センター長・教授) 第2回 7/13(水)18:00~19:30 「みんなのバイオDX」 講師:坊農 秀雅(統合生命科学研究科 特

日本経済新聞に、CTO・山本卓(広島大学・教授)のインタビュー記事が掲載されました。 プラチナバイオを通して「消費者のため、安価に使える技術を提供したい」という意気込み、産業で利用しやすいゲノム編集ツールを提供する意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○テクノロジストの時代「ゲノム編集、安価普及へ道」(2022/05/10 日本経済新聞)

ソーシャル型オンライン経済メディア「NewsPicks」に、CTO・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。 「ゲノム編集で未来を創れ」というキャッチコピーが付けられた記事で、社会課題の解決に向けた「バイオ・デジタルトランスフォーメーション(バイオDX)」の取組み、なぜゲノム編集にDXが必要なのか等、その意義と展望を語っています。 ぜひ御覧ください。 ---<須田 桃子さん(N