2021-05-26:「epiST journal」から弊社CEOのインタビュー記事が公開

更新日:9月13日

産学連携とオープンイノベーションで日本の科学技術を振興する「epiST journal」から弊社CEOのインタビュー記事が公開されました。


記事では、ゲノム編集×デジタル技術の社会実装を通じた国産ゲノム編集技術の開発への貢献を目指す弊社の概要、創業者の想いや、ゲノム編集技術を通じて実現したい目標について紹介されています。


ぜひ御覧ください。


<参考リンク>

○「ゲノム編集にしかできないプロダクトを」 プラチナバイオの奥原啓輔氏が語るゲノム編集技術の社会実装

○epiST journal


62回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-11-22:実験医学「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊

科学技術顧問の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科 特任教授)が企画した、実験医学2021年12月号「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊されました。 広島大学が中心となって推進する、「広島から世界最先端のバイオエコノミー社会を実現するBio×Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」※の取組について、CEOの奥原啓輔とCTOの山本卓

2021-11-12:FOOD & LIFE COMPANIES、プラチナバイオ、リージョナルフィッシュ 魚類の品種改良に係る3社共同研究を開始

「スシロー」、「京樽」等の外食関連事業を傘下に持つ株式会社FOOD & LIFE COMPANIES(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長 CEO:水留 浩一、以下「F&LC」)、ゲノム編集技術のプラットフォーマーであるプラチナバイオ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:奥原 啓輔、以下「PtB」)、ゲノム編集技術を活用した水産物の品種改良を進めるリージョナルフィッシュ株式会社(本社:京

2021-10-07:米国NIHのグラントに、CTOの山本卓が参画する国際共同研究プロジェクトが採択

米国の the National Institutes of Health (NIH)のグラントに、米国ベイラー医科大学のYingbin Fu 博士、理化学研究所の万代 道子 博士、国立病院機構の岩田 岳 博士、弊社CTOの山本 卓(広島大学 ゲノム編集イノベーションセンター センター長・教授)が参画する、国際共同研究プロジェクト「再生細胞治療のための新規光受容体変性モデルの生成に向けた2つのアプ