2019-08-30:「プラチナバイオ株式会社」を設立しました。

本日2019年8月30日(金)付けで、ゲノム編集で未来を拓く新時代のスタートアップ企業、「プラチナバイオ株式会社(広島県東広島市)」を設立いたします。 「ゲノム編集で未来を拓く」をビジョンとして、「共創」「社会実装」「バイオ×デジタル」の3つのキーワードから、様々な産業分野において事業パートナー様とともに、ゲノム編集による革新的な製品・サービスを提供します。


会社設立にあたって、JST社会還元加速プログラム(SCORE)、東京都創薬系ベンチャー育成支援事業「Blockbuster TOKYO」、公益財団法人ひろしまベンチャー育成基金、広島県、東広島市をはじめ、様々な支援機関の方々からご支援をいただいております。


設立日である8月30日は「冒険家の日」として知られ、広島から世界へグローバルビジネスの冒険へと旅立つ我々に相応しい門出の日となります。


これから事業パートナーのみなさまと、バイオ産業における新たなイノベーション創出に向け、ゲノム編集技術の開発に邁進していく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

(代表取締役CEO 奥原啓輔)


<プレスリリース>

「プラチナバイオ株式会社」設立のお知らせ


53回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-03-01:日本経済新聞電子版で、弊社の取組みが紹介されました。

日本経済新聞電子版で、弊社の取組みが紹介されました。 記事では、広島大学の堀内浩幸教授が食物アレルギー問題の解決を目指して取り組んでいる、低アレルゲン卵の研究とともに、そこで使われている弊社のゲノム編集技術「プラチナTALEN」について紹介されています。ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○日本経済新聞電子版「低アレルゲン卵に白いコオロギ ゲノム編集地方に宿る」 ○広島大学「【新聞掲載】食品生命科

2021-01-29:JST ムーンショット型研究開発事業 ミレニア・プログラムに採択されました。

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「ムーンショット型研究開発事業 新たな目標検討のためのビジョン策定(ミレニア・プログラム)」において、広島大学を中心とする「DIGITAL BIOSPHERE」未来共創チーム(チームリーダー:西原禎文 広島大学 大学院先進理工系科学研究科 教授)の提案が採択されました。 当チームは、すべての生物情報がデジタル化され、データで表現できる世界「DIGITAL

2020-12-18:JST 共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)に採択されました。

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、広島大学が代表機関となり提案した「広島から世界最先端のバイオエコノミー社会を実現するBio×Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」(プロジェクトリーダー:山本卓 ゲノム編集イノベーションセンター長・教授)が採択されました。 本事業では、SDGsにおける持続的成長

Contact

プラチナバイオ株式会社

​〒739-0043

広島県東広島市西条西本町28番6号

© 2021 by PtBio Inc.