2019-08-30:「プラチナバイオ株式会社」を設立しました。

本日2019年8月30日(金)付けで、ゲノム編集で未来を拓く新時代のスタートアップ企業、「プラチナバイオ株式会社(広島県東広島市)」を設立いたします。 「ゲノム編集で未来を拓く」をビジョンとして、「共創」「社会実装」「バイオ×デジタル」の3つのキーワードから、様々な産業分野において事業パートナー様とともに、ゲノム編集による革新的な製品・サービスを提供します。


会社設立にあたって、JST社会還元加速プログラム(SCORE)、東京都創薬系ベンチャー育成支援事業「Blockbuster TOKYO」、公益財団法人ひろしまベンチャー育成基金、広島県、東広島市をはじめ、様々な支援機関の方々からご支援をいただいております。


設立日である8月30日は「冒険家の日」として知られ、広島から世界へグローバルビジネスの冒険へと旅立つ我々に相応しい門出の日となります。


これから事業パートナーのみなさまと、バイオ産業における新たなイノベーション創出に向け、ゲノム編集技術の開発に邁進していく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

(代表取締役CEO 奥原啓輔)


<プレスリリース>

「プラチナバイオ株式会社」設立のお知らせ


108回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-11-22:実験医学「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊

科学技術顧問の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科 特任教授)が企画した、実験医学2021年12月号「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊されました。 広島大学が中心となって推進する、「広島から世界最先端のバイオエコノミー社会を実現するBio×Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」※の取組について、CEOの奥原啓輔とCTOの山本卓

2021-11-12:FOOD & LIFE COMPANIES、プラチナバイオ、リージョナルフィッシュ 魚類の品種改良に係る3社共同研究を開始

「スシロー」、「京樽」等の外食関連事業を傘下に持つ株式会社FOOD & LIFE COMPANIES(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長 CEO:水留 浩一、以下「F&LC」)、ゲノム編集技術のプラットフォーマーであるプラチナバイオ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:奥原 啓輔、以下「PtB」)、ゲノム編集技術を活用した水産物の品種改良を進めるリージョナルフィッシュ株式会社(本社:京

2021-10-07:米国NIHのグラントに、CTOの山本卓が参画する国際共同研究プロジェクトが採択

米国の the National Institutes of Health (NIH)のグラントに、米国ベイラー医科大学のYingbin Fu 博士、理化学研究所の万代 道子 博士、国立病院機構の岩田 岳 博士、弊社CTOの山本 卓(広島大学 ゲノム編集イノベーションセンター センター長・教授)が参画する、国際共同研究プロジェクト「再生細胞治療のための新規光受容体変性モデルの生成に向けた2つのアプ