2019-08-30:「プラチナバイオ株式会社」を設立しました。

本日2019年8月30日(金)付けで、ゲノム編集で未来を拓く新時代のスタートアップ企業、「プラチナバイオ株式会社(広島県東広島市)」を設立いたします。 「ゲノム編集で未来を拓く」をビジョンとして、「共創」「社会実装」「バイオ×デジタル」の3つのキーワードから、様々な産業分野において事業パートナー様とともに、ゲノム編集による革新的な製品・サービスを提供します。


会社設立にあたって、JST社会還元加速プログラム(SCORE)、東京都創薬系ベンチャー育成支援事業「Blockbuster TOKYO」、公益財団法人ひろしまベンチャー育成基金、広島県、東広島市をはじめ、様々な支援機関の方々からご支援をいただいております。


設立日である8月30日は「冒険家の日」として知られ、広島から世界へグローバルビジネスの冒険へと旅立つ我々に相応しい門出の日となります。


これから事業パートナーのみなさまと、バイオ産業における新たなイノベーション創出に向け、ゲノム編集技術の開発に邁進していく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

(代表取締役CEO 奥原啓輔)


<プレスリリース>

「プラチナバイオ株式会社」設立のお知らせ


65回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-04-01:Platinum TALENによるモデル動物・細胞作製サービスを提供開始

プラチナバイオ株式会社は、2021年4月1日から、知財ライセンスがクリアな国産ゲノム編集技術「Platinum TALEN」を使用して、モデル動物・細胞作製のサービスを開始し、創薬支援事業を推進します。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報道発表資料(PDF) ○プレスリリース(PR TIMES)

2021-03-29:第三者割当増資によりシードラウンドの資金調達を実施しました。

プラチナバイオ株式会社は、広島大学認定ファンド「広島大学・広島県内大学発ベンチャー支援投資事業有限責任組合」を引受先とした第三者割当増資を実施し、シードラウンドの資金調達を完了しました。今回調達した資金により、国産ゲノム編集技術の事業化を推進し、新たなバイオビジネスを展開します。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報道発表資料(PDF) ○広島大学ニュース

2021-03-05:ゲノム編集支援オープンプラットフォーム「Genome Editing Cloud™」β版を開発しました。

プラチナバイオ株式会社、国立大学法人広島大学、凸版印刷株式会社は、AIを活用し、ゲノム編集のデータ処理を簡易化するゲノム編集支援オープンプラットフォーム「Genome Editing Cloud™」β版を開発しました。この成果は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の結果得られたものです。 詳細については、以下のURLからご確認ください。 <参考リンク> ○報