2019-09-04:「iPS細胞ビジネス協議会」第33回情報交換会で講演を行いました。

iPS細胞を活用した再生医療や創薬を成長産業として育てていくために、iPS細胞関連の情報共有を通じた事業化を推進する、「iPS細胞ビジネス協議会」の第33回情報交換会において、弊社CEOの奥原啓輔が『ゲノム編集の社会実装を加速する』、CTOの山本卓が『ゲノム編集技術の現状と展望』と題した講演をそれぞれ行いました。


<参考リンク>

○iPS細胞ビジネス協議会

○第 33 回情報交換会 開催報告書

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021-05-26:「epiST journal」から弊社CEOのインタビュー記事が公開

産学連携とオープンイノベーションで日本の科学技術を振興する「epiST journal」から弊社CEOのインタビュー記事が公開されました。 記事では、ゲノム編集×デジタル技術の社会実装を通じた国産ゲノム編集技術の開発への貢献を目指す弊社の概要、創業者の想いや、ゲノム編集技術を通じて実現したい目標について紹介されています。 ぜひ御覧ください。 <参考リンク> ○「ゲノム編集にしかできないプロダクトを

2021-06-01:「AG/SUM 2021」シンポジウムにCTO・山本卓が登壇

現代の農業や食品業界を表すキーコンセプト「つながるアグリ、広がるフード、支えるネット」を掲げてオンライン開催される「AG/SUM 2021」(主催:日本経済新聞社)において、弊社CTOの山本卓がシンポジウム『ゲノム編集食品が変える未来の食卓』(6/17木 11:30-12:30)に登壇します。 シンポジウムは「オンライン展示会」へ入場登録(無料)していただくことで、ご視聴可能となります。ぜひご視聴

2021-05-25:バイオDXによるデータ駆動型の研究成果を、科学技術顧問・坊農秀雅らが発表

広島大学大学院統合生命科学研究科の小野擁子大学院生と坊農秀雅特任教授(弊社・科学技術顧問)は、複数の公共DBから収集した低酸素刺激有無のすべての遺伝子の発現情報(トランスクリプトーム)の変化を評価する、データ駆動型のメタ解析手法を構築しました。収集したトランスクリプトーム情報と、公共DBにあるすべての論文(ビブリオーム)に掲載された遺伝子の情報を統合するマルチオミックス解析によって、新規の低酸素応