top of page

計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。
★男性社員・・・取得率を50%以上
★女性社員・・・取得率を80%以上

 

<対策>

●2024年8月~

「産後パパ育休」や「パパ・ママ育休プラス」を取得 

 できることについて全従業員に周知

●2024年12月~

 全従業員を対象とする育児休業に関する研修の実施

01​

02

若者のインターンシップの受け入れを行う。

<対策>
●2024年 4月~ 受け入れ体制について検討開始


●2024年 4月~ 

 受け入れを行う部署への説明及び体制作り


●2024年 4月~ 関係機関、学校との連携


●2024年 5月~ 社員への周知


●2024年 7月~ インターンシップの受け入れ開始

子どもの行事への参加のための休暇制度の導入と、子どもが保護者である社員の働いているところを実際に見ることができる「子ども参観日」を実施する。

<対策>
 ●2024年 7月~ 検討会の設置

 ●2024年 8月~ 休暇導入の検討


 ●2025年 8月~ 社員への参観日実施の周知


 ●2025年 12月~ 

  参観日の実施、社員へのアンケート調査、

  次回に向けての検討

03

bottom of page