More News

更新日:2021年12月18日

広島大学広報誌 HU-plus vol.17 (2022年1月号)「AERAが書く、研究者の素顔」にCTO・山本卓(広島大学 教授)のインタビュー記事が掲載されました。


記事では、ライフサイエンスに革命をもたらすゲノム編集の国産技術の開発にかける想いや、産学連携による社会実装を通じて実現したい未来について語っています。


ぜひ御覧ください。


<参考リンク>

○HU-plus vol.17「AERAが書く、研究者の素顔」

○広島大学広報誌 HU-plus


閲覧数:75回

更新日:5月10日

科学技術顧問の坊農秀雅(広島大学大学院統合生命科学研究科 特任教授)が企画した、実験医学2021年12月号「みんなのバイオDX 〜公共データの海で宝探しをはじめよう」が発刊されました。


広島大学が中心となって推進する、「広島から世界最先端のバイオエコノミー社会を実現するBio×Digital Transformation(バイオDX)産学共創拠点」※の取組について、CEOの奥原啓輔とCTOの山本卓が「『ゲノム編集』と『バイオDX』でバイオエコノミー社会を実現する」の記事を執筆しています。是非ご一読ください。

(※ JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」令和2年度採択プロジェクト)


また、坊農秀雅による概論「バイオDXとは何か,なぜ今バイオDXなのか」が出版社のウェブサイトで全文公開されています。合わせてご覧ください。


<参考リンク>

○みんなのバイオDX(実験医学 2021年12月号 Vol.39 No.19)

○広島大学「バイオDX産学共創拠点」

○JST「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」

閲覧数:180回

更新日:1月19日

「スシロー」、「京樽」等の外食関連事業を傘下に持つ株式会社FOOD & LIFE COMPANIES(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長 CEO:水留 浩一、以下「F&LC」)、ゲノム編集技術のプラットフォーマーであるプラチナバイオ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:奥原 啓輔、以下「PtB」)、ゲノム編集技術を活用した水産物の品種改良を進めるリージョナルフィッシュ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社⻑:梅川 忠典、以下「RF」)は、最先端テクノロジーのゲノム編集などを活用した魚類の品種改良に係る3社共同研究を開始します。


詳細については、以下のURLからご確認ください。


<参考リンク>

○報道発表資料(PDF)

○プレスリリース(PR TIMES)

○F&LC [FY22-FY24 中期経営計画] (p31-32)

○国産技術で魚をゲノム編集 大学発新興2社とF&LC(2021/12/06 日経新聞電子版)

閲覧数:719回